まじめでどっしり、丈夫な椅子敷です。

毎日の生活にそっと寄り添う、友として。
手仕事による、丈夫であたたかな椅子敷はいかがでしょうか。


ーノッティングとはー



ノッティングとはノット(Knot)織という技法を使った結び織りの一種です。ウールや木綿の糸を束にしたものを経糸(たていと)に結びつけることで、厚みのある織物に仕上げるのです。岡山・倉敷での民藝運動を牽引し、倉敷本染研究所を自邸に開いた外村吉之介氏が考案した「倉敷ノッティング」は、現在同研究所を卒業した工人が全国で制作し、販売をしています。近年では民藝店のみならず、百貨店やセレクトショップなどで目にする機会も増え、メディアに紹介されることも多くなりました。

私が製作するノッティングも、倉敷ノッティングと同様の手法に忠実に、全て手作業で作っています。その丈夫さは長年の使用に耐えうる品質です。経年により毛がしっとりと寝てきて椅子や体に馴染んでくる点、藍の色が変化する点も楽しみの一つと捉えていただければ幸いです。